スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

居眠り磐音 最新刊

鯖雲ノ城―居眠り磐音 江戸双紙 (双葉文庫). 三度の関前藩騒乱. シリーズ第21作目。関前藩を再び覆う暗雲。墓参にきた磐音は否応なく巻き込まれ、再び闘争の渦中に。故郷の美しい風景や思い出と、それとの決別が全編に描かれ、郷愁を誘う一作。鯖雲ノ城―居眠り磐音 江戸双紙 (双葉文庫). 三度の関前藩騒乱. シリーズ第21作目。関前藩を再び覆う暗雲。墓参にきた磐音は否応なく巻き込まれ、再び闘争の渦中に。故郷の美しい風景や思い出と、それとの決別が全編に描かれ、郷愁を誘う一作。


最近、佐伯泰英さんの小説を読んでいます。密命シリーズ、居眠り磐音シリーズ、古着屋総兵衛影始末シリーズ などをを読んできましたが同じような表現・言い回しがあまりに多く、気になっています。「今日の磐音は……居眠り剣法を捨てていた」「語るに落ちるとは……」「田楽に串を刺した……」など。佐伯さんお批判云々ではなく、目に付くたび「気になる」のです。同じように感じている方、いませんか?最近、佐伯泰英さんの小説を読んでいます。密命シリーズ、居眠り磐音シリーズ、古着屋総兵衛影始末シリーズ などをを読んできましたが同じような表現・言い回しがあまりに多く、気になっています。「今日の磐音は……居眠り剣法を捨てていた」「語るに落ちるとは……」「田楽に串を刺した……」など。佐伯さんお批判云々ではなく、目に付くたび「気になる」のです。同じように感じている方、いませんか?


スポンサーサイト
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。